FC2ブログ

黄金魂5話

例によってニコニコの公式配信で観ました。

アイオリアとシュラの因縁が取り上げられたのは原作も含めて初じゃなかろか。
熱く真っ直ぐに歩み続ける獅子にだって、暗い影はあると。

内にしまい込んでいた負の感情を「まぎれもない己の一部分」として受け入れたアイオリア。
自認した事に加え、シュラの覚悟を目の前にしてわだかまりは昇華、消化され、尽きぬ志の糧となる。

職務としてのアイオロス抹殺自体は躊躇せず、一方で、幼い少年から兄を奪う代償をいずれ払う事になる。
そんな覚悟を少年期日にすでに持っていたシュラ。
同じ黄金聖闘士という立場になったアイオリアの前に、彼が改めて現れ、恐らく初めてサシで向き合った時。
ただ言葉で詫びるのではなく、揺るがぬ己の信念と覚悟を示す事で、アイオリアの標となる。

やっぱり愚直なまでにどこまでも真っ直ぐな獅子と、誇り高き生き様を強く感じさせた聖剣使い。
双方ともに実に「らしい」と思える振る舞いを多分に見せてくれて、個人的にとても好きな回でありました。

偽物(かつボイスなし)ではありましたが、青銅組の登場にも、思わず顔がにやけてしまいました。
白鳥ダンスを見た瞬間に当時の記憶がフラッシュバックして、嬉しいやらおかしいやら。
傍目には完全に挙動不審者です。全身落着きなくうろついてたし。
人目に触れない自室のPC前で良かった。

黄金組でまだ戦闘シーンがないのはシャカとアイオロスの二名。
開眼したシャカの見せ場は近々確実にあるとして、アイオロス兄さんはやっぱ大トリですかね。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

Comment

Post a comment

非公開コメント

プロフィール

空蝉

Author:空蝉
官能小説執筆を生業にしております。
他、シナリオや脚本等の経験あり。

過去のお仕事につきましては、
「記事アーカイブ」内にあります「お仕事履歴」カテゴリにてご確認くださいませ。

お仕事のご依頼はメールフォームから送信願います。スケジュール等考慮のうえ、折り返し返信いたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR